ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会
ソニーミュージック六本木ミュージアム
※開催中


9月15日
娘と行って来ました。
病状が不安定な身内がおり、
行けなくなる可能性も大きかったので
事前にお知らせすることを避けました。
無事に行って来ることができてよかった。

14日の17時に車で自宅を出て
(もちろん運転は父ちゃん)
岡山で娘を拾い、六本木に着いたのはお昼すぎでした。
ほんとは娘が観光したいというので
朝の9時頃着く予定だったんだけど
めんどくさいと言い出して、
最後のパーキングで時間潰しまくった(笑)


体験したこと、
というか、覚え書きのようなものを
ちょこっと書きたいと思います。
核心には触れないよう気をつけますが
まっさら状態で行きたいって方は読まない方がいいかな。
(ガチのネタバレは警告します)


集合時間
エントリーした時間の幅は3時間くらいあったけど
集合時間は15分おきに区切ってありました。
指定時間より早く来るなということでしたが
10分前に着いたら、すぐに並ばせてもらえました。

本人確認
会員証・免許証、手にとってしっかり確認でしたが、
1グループの人数が少ないので、さほど待った感じはなかったです。
確認後グッズリストと購入券を渡されました。
2人で一枚しか使わなかったので、残ってます。

パンフレット

待ってるとこにも大きな嵐さんの写真が壁にあって
見てるとドキドキ


廊下っぽいところの壁には
アクリルスタンドのコスプレ家族の写真!
翔くんママ綺麗すぎ!(笑)


映像ブース
7~8人くらいづつ入場。
お友達から「位置どり情報」戴いてたので
ばっちり智くん側をゲット。

※位置どり情報
正方形の部屋
入場時はロゴが4方向に表示されているけど
始まる前に1つだけに。
その壁を正面として
大野▽右横
相葉▽右前角
櫻井▽正面
二宮▽左
松本▽後


映像の、大きさにびっくり!
数分間、ドキドキしたり笑ったり、
幸せな時間はあっという間。



展示ブース
衣装、写真、イラスト、パネル、映像
たくさんの展示品

映像ブースから出てすぐ
年代別にたくさんの写真があるんだけど
(主に楽屋風景)
順番に一枚ずつ見ようとしたけど
「立ち止まらないで」
「並ばずに空いてるところから」
「一歩ずつでも進んでください」
などと促されるし、次のグループも来るので
あまり時間をかけて見れなかったのが心残りです。
しかも、私が智くんを探してると

母さん!見て!
なに?
ニノが×××しよる!
ニノはええねん。
ねえ、母さん!
ん?
ニノのキャリーケースの中身!
智探しょんの、呼ぶな


いちいちニノの写真を見せられて
智くんの写真、何枚か見落としたかも・・

※お友達は次のグループに抜かされても、全部見たって言ってました。
少しくらいなら居すわってもいいのかな。


※ネタバレぎみ?
壁にアートっぽく飾られた写真の中に液晶画面。
最初静止画かと思ったんだけど
よく見ると影動くし、髪の毛そよいでるし、
微妙に表情変わってるし
60以上数えても、同じ映像がこなかったので
結構長い時間じーっとしてたんだなと
何でこんなことしたんだろって面白くなって
出てから娘に言ったら、
ニノは30秒くらいで変わったのがはっきりわかったっていうので、
人それぞれ時間が違うのか、私の見間違いなのか・・・
確認する術がなく残念。


色々な展示品の中には
「言ってたやつー!!」の他に
「コレ売ってほし~っ!」ってモノや
「もっと近くで見たい!」ってモノも沢山ありました。

「かぶりもの」の衣装がなかったのが残念だったけど
どの衣装も近くで見ると圧倒されました。
重そうで(笑)


個人の部屋
このちょい前の展示で
娘が(ちょい具合悪くなって)トイレに行ったんです。
展示を逆行することはできないので
係員さんの連携でずっと付き添ってもらい
ちゃんと離脱した展示の所まで帰ってこれたって。
※体調悪くなったら我慢しないでスタッフさんに声かけましょ。

娘が帰って来るまで超ゆっくり進み
智くんの部屋に長い時間滞在してました。
流れの邪魔にならないよう隅っこに立って
智くんのコメントをメモさせてもらってましたが
咎められる事はありませんでした。
見る人の表情や驚きの声を聞くのも楽しかった。

娘と合流し、
他メン部屋も鑑賞していきましたけど
智部屋の余韻で「心ここに非ず」ぎみで(笑)
詳細には覚えてないところも多いのだけど
メンバーの思いは受け取りました。

娘とふたり
ツッこんだり、笑ったり、感心したり
興味津々、楽しんだのは確実で
メンバーそれぞれがファンの望むことを考え
楽しませようとしてくれてるんだなって。
これが嵐さんなんだなって。


映像シアター
最後は、階段状の席に座って
4分くらい(だったよね?)の映像を鑑賞。

最初は、わー、若い!
って楽しんでたんだけど
9月15日 こんな素敵な日に
嵐さんの20年を振り返る展覧会に来られるなんて...
映像と、音楽と、自分の思いに感極まってしまって
恥ずかしながら、涙が。


グッズ売り場
パラパラ絵本はじめ、大抵は見本が展示されていて
中を見たり、手触りなど確認できます。
※ポストカード類は中身の見本がない(一番上の一枚しか見えない)ので、
確認して買いたい人は、事前にオンラインショップでチェックしとくといいかな。

先駆けて、友達が送ってくれたものもあるし
通販も始まるし、
智ミッキーとアートカードくらいで満足しちゃったんだけど
いつもはグッズに興味を示さない娘が
(自分の懐が痛まないのをいいことに)
ばんばんカゴにいれるので、
結局、クレジットカード決済。

購入券と引き換えに清算。
一人、1アイテム2個までだけど、
見事に欲しいものが被らず、購入券一枚で足りちゃいました。




写真撮影
自分カメラで嵐さんとの記念撮影を撮っていただけました。
(WSで嵐さん達も一緒に撮ってたパネル。)
一人3枚まで。(いよっ!太っ腹!)
ポーズを考えて行かないとテンパります。

前の方の撮影を待ってる間。
ジオラマとロゴを自分で撮って。

順番が来たら、荷物をカゴにいれて
係員さんにスマホ(カメラ)を渡します。
3ポーズ撮り終えたら
「嵐さんだけ撮りますね」
それも撮ってくれるんじゃ!
感動ですよ。

私ら親娘はアホなので、買い物後すぐに撮影に行っちゃって。
終わってからトイレに行ったら
なんか髪がぴょこんと出とる!
アブラギッシュな顔になっとる・・・

買い物のあと普通に歩くとトイレの前を通るんですよ。
鏡でチェックしとくべきでしたわね。

んで、全部終わって出てきたら、
喉もカラカラ。
「あー、喉乾いた」
と思った瞬間に、目の前に、自由に飲める水が!
至れり尽くせりじゃないかっ!


自分的には、すっごく駆け足で
もう終わってしまった・・・
くらいの感覚だったのですが
がっつり2時間経ってましたもんね。

”もうちょっと”って欲が湧かなかったと言ったら嘘になりますが
嵐さんとスタッフさん
企画に携わってくれた方々に
心から感謝の気持でいっぱいになり
体験する機会を得ることが出来た幸せをただただ噛みしめるのみです。

本人に会えるわけじゃないけれど
テレビやライブとは違う
この展覧会でしか触れることができない
「嵐」さんを見せてもらえた気がします。

皆さんいろんな事情があるし
遠くて遠征できないって方もいるかもだけど
エントリー躊躇してる方がいらっしゃるなら
なんとか都合つけて、前向きに考えてみて欲しいな
と思います。

勿論、「当たらないのよっ」て方も大勢だと思うけど
たくさんの ”ファンの子” が
嵐さんの思いに触れることが出来ますように!




嵐ミッキーのTシャツ、ワンサイズのみだったんで
「パツパツじゃったらどうしょ」
心配しながら買いましたが
154cm 60kg (太りすぎ)
の私でもするっと着れて一安心。
スリムなお姉さんには大きいかも?



※展示内容や気になってることがあれば
お答えしますので、コメントに入れてくださいね。
質問によっては、メール等でもお返事します。


以下、ネタバレ危険

智くん部屋でメモったコメントを掲載しておきます。
既に展覧会に行かれた方のみ、ご覧ください。




















※ネタバレ注意です!
絶対転載しないでください。




















自画像があってね、結構大きいの。
『FREESTYLEⅡ』のときに描いて、大阪の会場限定で展示したもので・・・
自画像だからちょっと恥ずかしいんだけど(笑)
よかったら見てくださいな。
あと、当時使っていた筆とかパレットが実家に残っていたから、それも今回一緒に展示しちゃおうと思って、持ってきました。
まぁ、数年前のものだから、ちょっと古くて汚れてもいるんだけどね(笑) ・・・こういった画材を使って描いてたんだよ、っていう感じで。
そして、もう一つ・・・・ 何か見てもらおうと考えたら、みんなが見たいものってやっぱりダンスなのかなぁって。
『5×20』のツアーの稽古場で、振付に一人で黙々と臨んでいた日々とその様子を映像にまとめました