覚えも兼ねて記載・・


あなたの嵐グッズは公式ですか?
(ファン記載)
非公式グッズは買わない、売らない
公式グッズには
Johnny&Associates のロゴが入っている。
公式本には
ジャニーズ公式(公認)と記載がある。

非公式グッズの例
夜店やガチャ、アイドルショップ、書店
などで売られている
写真、文具、キーホルダーなど
カレンダー
※ジャニーズはデビュー後10周年過ぎるとカレンダーを発売しない。


非公式本の出版社の例
・ジャニーズ研究会
・鹿砦社
・太陽出版
・アールズ出版
・コアラブックス







ジャニーズの皆さんからのお願い (個人ブログ)
ジャニーズショップとコンサート会場で販売している公式グッズ以外は、僕たちの写真を勝手に使っている違法商品なので買わないでください。

以前、渋谷のファミクラに貼ってあったタレントさん直筆のお願い。
撮影及びネット掲載もOKだったらしく、手紙の写真もあがっています。

智くんは、コンサートやイベントの移動時に迷惑をかけるファンに対し、
そんな人は、絶対に僕たちのファンとは認めません。辞めてください。」
と。




※過去に何度も訴訟にもなっている出版社のグッズには気をつける。

嵐メンバーら、二審も勝訴 パブリシティー権侵害訴訟
(2013.10.17/サンスポ)記事抜粋
無断で写真集を出版されたとしてアールズ出版(東京)に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は16日、約5400万円の支払いや販売差し止め、在庫の廃棄を命じた1審東京地裁判決を支持、同社側の控訴を棄却した。

 訴訟では、著名人が名前や写真で消費者の関心を引き付けて生じた利益を独占できる「パブリシティー権」を侵害したかが主な争点となった。設楽隆一裁判長は「メンバーの写真が顧客を引き付ける力を利用した」と指摘。1審判決と同様に権利侵害を認めた。


ジャニーズ勝訴、出版社に差し止め命令
(2013.4.27/サンスポ)記事抜粋
写真を無断で使った写真集を出版されたとして、アールズ出版(東京)に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、計約5400万円の支払いや販売差し止め、在庫の廃棄を命じた。

販売差し止めを命じられたのは「コンプリートお宝フォトファイル」などと題する12冊。
ジャニーズ側弁護士は「パブリシティー権を侵害するとして在庫の廃棄まで命じた。
写真集の無断発行が許されないことを明らかにする画期的な判決だ」としている。



Amazonのレビューなどでは、
「既に和解しているのだから、いい」とか
「公式でなくても内容が素晴らしいからいい」
とか言ってる人もいますが
普通に考えて、隠し撮りやあることないこと勝手に書かれ
内容を本人(Johnny's)が確認することもなく出版され
本人(Johnny's)には 1円も入らない本を買うことが
ファンがすべきことなのか、もう一度考える必要があると思います。